今から父になるから俺の悩みを聞いてくれ。

子ども産まれるんで育児とか生き方について書きます。映画とか心理学とかITとかの趣味についても書きます。

ゆらぎ荘の幽奈さん問題ーーセックスとレイプは別物じゃヨ

どうもmaximonelson49です。

 

ゆらぎ荘の幽奈さん

なんかジャンプでゆらぎ荘の幽奈さんって漫画がやってて、今批判に晒されているらしい。

過激すぎる?「少年ジャンプ」のお色気表現に賛否 「息子には読ませない」「エロは成長に必要」(キャリコネニュース) - BLOGOS(ブロゴス)

批判の論旨としては、『性的な嫌がらせを肯定的に描いちゃいかんやろ、それはレイプやで』というもの。

 

面白かったのは、NewsPicksという普段は割と理知的な人間が使ってるっぽいメディアで、かなり論点ズレた議論がなされていたこと。以下がNewsPicksのコメント欄。

過激すぎる?「少年ジャンプ」のお色気表現に賛否 「息子には読ませない」「エロは成長に必要」 - キャリコネニュース

 NewsPicksではPTAのオバさんうるせえよ! ほっといても男子はエロ本見つけて読むわ!みたいなコメントが多かった。それを受けてのワシのコメント。重要なのは太字にしてるところじゃよ。

 

この手の話、男性諸氏にとっては嫌になる程聞かされた問題。だからみんなエロ本自体の善悪みたいなのを語ってんのな。なんでこれまでないほどに論点ズレてんのか首傾げたわ。エロ本は別にええやろ。

ただ、ネコ虐待する漫画とかあったら子どもには読ませたくない。読む読まんは本人の意志だけど、それが面白いものとしてジャンプの中にあったら、面白いんだって思うやろ。社会の文脈に乗るやろ。

レイプを肯定的に描いてんのと同じやと思うんやけどな。3億円盗むのはあかんけど万引きの肯定はええよ、みたいな話なのかな。

あと、日本における性の快楽は、誰かを辱めて精神的な優位に立つ快楽とほとんどセットで提供されてる。エロいってのが性的な興奮ではなくて、誰かを思いのままにできる優位性の快楽になってて、セックスをしたいってのが権力欲と見分けつかん。少なくとも俺はそう。

だからそもそも、性的なものを描く際にこういう『相手を無理やり』というのが出てくんのはせやろな、と思った。

あ、そういうことか、この記事読んでコメントも読んで、なんでみんながこの問題をエロ本自体の善悪問題として語りたがるのかな? って思ってたけど、日本においてセックスとレイプはほぼ同義だから、レイプを否定されたときセックスも否定されたように感じるのか!

皆さん! セックスとレイプは別物ですよ! セックスしよう! セックスセックス!!!

 

 

まあ話変わるけど、エロを描く作家なら、こういう構造的な問題を把握した上でどのようにエロを脱構築するか、くらいのことはやってほしい。エロいとは何か? を問えよ。既存の価値観の強化だけすんなら、描く意味なくね。それともエロ自体を描くことには興味ないんか?

 

セックスとレイプの同一視、ってのがあるとこうなるなあ、という面白い現象だった。

あと語るなら、家族的な人間関係で親しさを測ると、相手の嫌なことをして許されるというのが親しさを示してしまって、嫌がらせが親しさの表明になりうる、みたいな問題もある。

まあ言いたいことはそんだけ。分かりにくかったらツイッターとかで言ってください、暇だったら分かりやすく書きます。 

 

追記 

こういう記事を読んだ。冒頭に性暴力は性欲だけではなく支配欲がある、という記述がある。性暴力の実際がどのように行われるのか? についての記事。閲覧注意。

フィクションと実相 | Tamaka Ogawa | note