親です。

子ども産まれたんで育児とかについて書きます。映画とか心理学とかITとかの趣味についても書きます。

【SQL】SQLの基本的なところ

おつです。かく。

SQLとは

SQLってのは、RDBMSリレーショナルデータベース管理システム)をいじる言語。 詳しいところはこの最高に分かりやすいサイトでお勉強してくれと思う。重要な点については下記にまとめる。

宣言型言語である

SQLは他のプログラミング言語PythonとかJavaとか)とはちょっとノリが違う。具体的にいうとSQLは宣言型言語(アウトプットの形を記述する言語)であり、他の手続き型言語(どうやってアウトプットを取得するかを記述する言語)とは異なる。 また、プログラミング言語と違って良いところは、SQLはISOで規格化されており、これさえできればもうほとんどあらゆるDBでSQLが使える。DB言語はマスターしたも同然ということだ。

三つの言語から構成される

ここはもう引用元からまるまる引用しちゃうけど、

SQLは、大きく分けて3種類の言語から構成されています。データベースを制御したり操作したりする際に使い分けられ、すべて命令文で動詞と目的語を組み合わせた構文です。
●データ定義言語(Data Definition Language)
データ定義言語はDDLと略され、RDBMSで扱うオブジェクト(テーブルやインデックスなど)の構造や、オブジェクト同士の関係を定義する構文です。
DDLの命令文>
CREATE:新しいデータベースやテーブルなどのオブジェクトを定義する
JOIN:テーブル同士を結合する
DROP:定義したオブジェクトを削除する
ALTER:定義したオブジェクトの内容を変更する
TRUNCATE:データをすべて削除する
●データ操作言語(Data Manipulation Language)
データ操作言語はDMLと略され、データベースを操作するための構文です。目的語やさまざまな条件を示すキーワードと組み合わせて使われ、多くのパターンがあります。目的語には「~以上」「~以下」などの条件をつけることもでき、SQL関数と呼ばれる関数を使用することもできます。
DMLの命令文>
SELECT:データベースを検索する
INSERT:データを挿入する
DELETE:データを削除する
UPDATE:データを更新する
●データ制御言語(Data Control Language)
データ制御言語はDCLと略され、データへのアクセスを制御する構文です。トランザクションやシステムを管理したり、ユーザーのアクセス権を制御したりするために使われます。
DMLの命令文>
GRANT:ユーザー権限を付与する
REVOKE:ユーザー権限を削除する
BEGIN:トランザクションを開始する
COMMIT:トランザクションを確定する
ROLLBACK:トランザクションを取り消す

SQLとは?データベース言語の基礎知識をわかりやすく解説!|発注成功のための知識が身に付く【発注ラウンジ】

だそうだ。個々に説明していくと案外量があったので、ひとつひとつの言語については別記事を作って紹介する。

以上!!!