親です。

アラサー既婚子持ち、今はカナダのモントリオールで生活してます。という日記です。

今、親知らずを抜きました。

おつです。今さっき親知らず抜きました。抜いたのは右上の親知らずです。今までありがとうございました。

抜くまでの経緯

昔いつだったか忘れたんですが右上親知らずに虫歯ができ、詰め物をしてもらったんですが染みる感覚が残っていました。

2ヶ月ほど前に渡航にむけて虫歯治療をしようと地元の歯医者に通い、詰め物も詰め直してもらったんですが、依然として染みるのは治らず、今回別の歯医者に行ったところ虫歯でした。

普段から歯を磨こうとすると痛みでうまく磨けず、すでに虫歯なら放置しても虫歯がひどくなるのは目に見えており、また渡航直前のためふつうに虫歯治療を行おうとするとこのレベルの虫歯(染みるレベルの、神経に届いてるかもしれんやつ)は時間が足りないらしく抜歯の運びとなりました。

抜歯の様子

抜く? と聞かれた際はもうあんまり何も考えず抜きますと答えました。普段から歯磨きのときに痛むのが嫌だったので即決でした。抜くのに必要な時間を聞き、スケジュール的に問題なかったので今抜きますと伝え、ほんじゃと麻酔を3本くらい打ってもらいました。その後少し待ち、抜きますねーと抜いてもらいました。

抜かれるときは、これ自分見えてないからいいものの他人からしたら完全に拷問やなみたいなことを思いました。配慮のある拷問だ、みたいなことを考えて、これが俺の語彙の限界かと思いました。歯は結構しっかり顎についていたみたいで、歯医者さんはこれ思ったよりしっかり埋まってますねーと言いながら抜いてました。メキメキいう音とかも聞こえて、自分の口の中で他人が飴をかみ潰しているみたいな感覚でした。実は死ぬのかもしれないと思いました。そして知らないうちに抜けました。痛みは全然なかったです。

その後

その後、抜けた穴にスポンジを詰め込み、ガーゼを噛んで止血し、術後の注意事項を聞き、抜けた歯を見せてもらいました。歯の根っこがすごい90度くらい曲がっていて、これが引っかかって抜けにくくなっていたと説明を受けました。ここらへんから俺はなんかシナシナとし始めて、抜こうと決めたときのためらいのなさが全部消えてシオシオになりました。歯の側面には結構深い穴が空いていて、これが染みたんだと教えてもらえました。歯、いりますか? と聞かれたんですがいらないですと答えました。シナシナのシオシオだったせいで小声になってしまい、歯科衛生士さんが俺の口元まで耳を寄せていました。

それから妻に諸々連絡して、数日はうどん食べよと思いました。歯医者は立川にあったんですが、今日絶対立川IKEAでメシ食って帰ったろって思っていたのにふつうに帰りました。痛まないといいなと思います。

以上です。