親です。

アラサー既婚子持ち、今はカナダのモントリオールで生活してます。という日記です。

自己紹介とおすすめ記事の一覧

おつです。以前【索引】真面目に書いた記事 - 親です。っていう記事を書いてブログのトップに来るようにしていたんですが、この記事の編集方法がはてなのみたまま編集になっていて、マークダウンに慣れた今となっては凄まじく使いにくくなってしまい、耐えられない! もうダメ! となったのでリニューアルしました。ついでに自分についても概要書いてます。

このブログで書くことと、自己紹介

このブログで扱うのは以下の話題です。

  1. 小説、映画、漫画の感想
  2. モントリールでの暮らしや雑感
  3. 脚本術についての考察など

一応IT系技術職なので以前は技術記事も書いていましたが、今は独自ドメインを取得しそっちで更新しています。本名が森田なのでもりた屋です。

moryata.com

また、新しく書いた小説は基本的にカクヨムに投稿しています。作品も読んで欲しいけど書いたもののセルフ反省会もやってるのでそちらがおすすめです。

kakuyomu.jp

そして自己紹介なんですが、
生まれは岐阜県でやたらと文化資本に恵まれた幼少期を過ごし陽気でカワイイ男の子をやってました。大学進学を機に上京し、引きこもって小説を書き始めました。大学三年になって急に人肌恋しくなり文芸サークルに入ったんですが、そこで妻と知り合いなんやかんやあったあと付き合って結婚してます。
新卒ででかいSIerに勤めていたんですが、三年目に息子が生まれて育休を一年取得し、復帰と同時に転職して小さな会社でIT作業員をやってます。
今は移住を目指してカナダに住んでいて、仕事をしたり家事育児をしたり小説を書いたりして生きています。また、移住の要件にあるので、最近は英語とフランス語の勉強もしていています。
学生の頃の専攻は日本文学だったんですが卒論は脚本術で書きました。一時期心理学の社会人学生もやっていました。あとはでかい花柄の服が好きで、シナモンの入ったお茶が好きです。
好きな映画は『mommy』、好きな漫画は『鋼の錬金術師』『ジョジョの奇妙な冒険』『進撃の巨人』、好きな小説は『ナインストーリーズ』『フラニーとズーイー』、好きなNetflixのシリーズは『アンブレラアカデミー』『セックス・エデュケーション』です。
常に友人が欲しいのでツイッターで話しかけてもらえると嬉しいです。TwitterID: @subwaypkpk

おすすめ記事一覧

脚本術・オピニオン系記事

  1. 16_導入および第一ターニングポイントについて - 親です。
  2. 20_ミュージカル映画2本「アニー」「ピッチパーフェクト」 - 親です。
  3. Mommy - 親です。
  4. コミュニケーションと権力関係について - 親です。
  5. 絶望と責任について - 親です。
  6. 【映画感想】『ROOM』と未評価な地点について - 親です。
  7. クソな夫婦喧嘩を「論点」の概念から考える。 - 親です。
  8. 優しさと責任範囲について - 親です。
  9. ゆらぎ荘の幽奈さん問題ーーセックスとレイプは別物じゃヨ - 親です。
  10. 素直さについての雑記 - 親です。
  11. 幸福学っての、慶應でも流行ってるじゃないすか - 親です。
  12. 小説について最近思うこと - 親です。
  13. 『その後の不自由 「嵐」のあとを生きる人たち』を読んで - 親です。
  14. 嫌なことにも依存はするよな、って話 - 親です。
  15. 馬鹿にされて馬鹿にし返すことについて - 親です。
  16. 親になることと責任について - 親です。
  17. 他者との関係性について、また絶望について。 - 親です。
  18. おそらく俺のモラトリアムが終わった - 親です。
  19. 【日記】最近は孤島の鬼を読んでます - 親です。
     

技術系記事

基本はもりた屋のブログに書いてます。

もりた屋のブログ

  1. 【HTML,CSS,JS】フロント三種分からんからまとめ - 親です。
  2. 【PHP】PHP分かんねえからまとめ - 親です。
  3. 【SQL】SQLわけわからんからまとめ - 親です。
  4. 【Git】Gitマジ完全理解したから聞いて - 親です。
  5. 【FileMaker】FileMakerについてのまとめ - 親です。
     

 キャリア系記事

  1. 独立系SIを退職した - 親です。
  2. 2019年時点の夢 - 親です。
  3. 人肌程度の後悔を情熱と言い張っている - 親です。
  4. 夢のような仕事を断った - 親です。

以上!!!

新年の目標 - 2020

今年の目標です。

どうやって目標を立てるか?

なんか〜、OKRで今年はやろうと思います。

前提として、OKRにおけるOとKRの設定のポイントは下記の通りです。
●O(目標)を設定する上でのポイント
定量的である必要はなく、定性的な目標でも可
・「野心的な」目標を設定すること
・自分では「直接的に」コントロールができないもの
・会社の目標や、他のチーム目標などと整合性がとれている
・1チーム(or 個人)設定数の目安:3〜5個
●KR(成果指標)を設定する上でのポイント
定量的(納期、指標などの数値が入っている)でなければならない
・自分でコントロール可能なものを選ぶ
・ただし、「普通にできる」ことはNG(それはTo Do)
・やや達成困難で、眺めていたら不安になる数値を設定すること
・1つのOに対して、3〜4のKRを設定する

つまり、コントロールできない(つまり結果になる)野心的な目標(O)を3つ設定し、それぞれについて日々の努力でコントロールできるが若干達成困難な成果目標(KR)を設定する、って感じかな。やりましょう。

目標(O)の設定

  1. 英語学習
    現地民と完璧に意思疎通できる。
    これできたらもう何も望むことないし、野心的。
  2. 小説
    カクヨムでレビュー700を目指す。
    理由としては、今カクヨムの年間ランキング一位になってる『鍛冶屋で始める異世界スローライフ』のレビュー数が年間1400とかなので、その半分のレビュー700が野心的でコントロールできない目標かなと思う。
  3. WebDev
    表層的ではない知識の獲得。 例えば、インフラとかネットワークとかDBとか、Webの表層ではないものをやりたい。それらの技術について、どうやってエラーを解決するかわかるとか。
  4. 健康と家庭
    みんながニコニコしてること。
    別に野心的ではないかもしれないけど、けど自分が一番ニコニコしていたい立場なので、そこを頑張る。朗らかになろう、性格変えるのはそこそこチャレンジング。

①英語学習 - 現地民と完璧に意思疎通できる。

  1. 脚本術系の洋書で新しい英単語を毎日40個ずつ覚える
  2. スカイプ英会話を週に3回
  3. リスニングについて毎日1時間やる!

これだなー、けどこれやろうと思うと一日3時間くらい英語に使うな、どのように???

②小説 - カクヨムでレビュー700を目指す

  1. 月に一本ずつ創作術と小説を読んでまとめる
  2. 毎日1時間半、書くかプロット作業
  3. カクヨムでView取れる長編を書く(異世界転生とか恋愛ものとか)
  4. ツイッターの縁をつくる。

これも一日2時間半くらい必要。

③WebDev - 表層的ではない知識の獲得

  1. 隔月で一本技術系の本を読む
  2. Djangoでの開発に慣れちゃう
  3. JavaScript上手くなる

これは仕事ついでだからなー、できたら6時間やりたいが。

④健康と家庭 - みんながニコニコしていること

  1. 毎日リングフィットする
  2. 新しいレシピを月に1つ増やす
  3. 今日のよかったことを3つツイートしてから寝る

飯と運動、あとメンタル。

こんなもん! 達成したかどうかをどうやって確認しようかな。まあ以上!!!

イヤイヤ期と良い親

おつです。

息子のメシ

息子、2歳になったんだが、最近これがしたい! という欲求がはっきりとしてきた。ここ数日でよくあるのが「ご飯食べたくないお菓子食べたい」で、地味に悩むな〜と思ってる。親としては米野菜タンパク質をバランス良くとまでは行かなくてもガツガツ食ってくれ〜と願っていて、できれば砂糖の入ったものはあんまり食べて欲しくない。けど息子としては甘いものは食べたくて、スープとかご飯とかは食べたくない。

息子のご飯、朝はパンか米とかんたんな野菜のスープ、お昼はデイケア、夜は親と一緒のご飯みたいな感じで、つまり一番食べてほしいのは夕飯。夕飯のラインナップはカレー、トマトのスープ、肉じゃが、ピラフ、チャーハン、オムライス、適当な中華、って感じなんだがこの中でまともに食べるのが青椒肉絲(の肉の部分)とスープに入れたオクラといった有様で、日々「食わね〜〜」と思いつつご飯を作ってる。おにぎりにしたら食べたり、ふりかけをかけたら食べたり、色々と手は尽くしてみたがそれも数日経てば意味をなさなくなり、まあ子どもなんてそんなもんですよねと思いつつも、やはり悩むところが多い。

かつ、最近は飯を食べない一方で食後におやつほし〜いみたいな感じもあり、ヨーグルトとかならいいんだけどクッキーとかあと糖度高めの果物とかになると、砂糖漬けにしてしまっている…みたいな罪悪感があったり。ときどきはご飯食べなきゃだめでしょ! と叱ることもあるが2歳でそんなの理解できるか? と思うと理解できるわけないよなあ、ごめんね怖い顔してみたいな。

しつけとかルールとか、ちゃんとしないとどんどん困ってしまうことがあるって分かるんだけど、こんなに小さい息子にそんなこと言っても泣かせるだけでしょとも思うし、今は微妙なラインなんですよね。これたぶんイヤイヤ期ってやつだと思うんだけど、今は全然軽くて、今後もっといろんなこと自分で決めたい・やりたいってなったときにどうしたらいいんだろと思いました。だめなことはだめ、基準は変えない。そもそもだめなことをしたがる環境を作らない(危ないものを隠すとか)。だめと言いながら息子の気持ちには寄り添う。まあ色々やり方はあると思うんですけど、育児、難しいな〜と思った。良い親でありてえ〜って思った。息子、愛してえ〜。以上。

追記 あとはこういう気持ちをちゃんと夫婦で共有するとかも大切だな。

夢のような仕事を断った

お疲れ様です。

夢のような仕事を断った

以前こんな記事を書いた。

maximonelson49.hatenablog.com

概要としては、ITと物語の接点でやってる会社から一緒に働かない? とお誘いされたという話。で、この時はめっちゃ嬉しかったんだけど、これを今日断った。 理由は2つある。

ひとつは、今俺がいるカナダのケベック州での移民政策が変わり、移民するにはフランス語の習得が必須になったこと。今まで俺はフランス語をやる気は(少なくともこの三年くらいは)なかったんだけど、覚えないといけない。仕事と家事育児に加えてフランス語なので、ここに加えてベンチャー企業のお手伝いは無理だなと思った。

もうひとつは、短編小説がかけたこと。ちな書いたのはこれ。
鉄の右腕、首のない犬 - カクヨム
で、これを書いたことでキャリアへの考え方が変わった。ITと小説の接点を探すより、単に俺は脚本術を勉強したい。物語について知りたい。なので、ITと物語の接点でプロジェクトを回すということのプライオリティが下がった。

正直、こう、ITと物語の接点で働くというのはめっちゃかっこいいし、人にどんな仕事してるんですか? って聞かれたときに物語の面白さを判定させるAIを作っています、って言えたらドチャクソかっこいいな! と思うけど、今回はやめた。

今まで俺がITと物語を掛け合わせることに固執していた理由の大部分は、俺が小説を書けなかったことにあると思う。小説は書けないけど脚本術は好きです、って言ってるとサブカルクソ男みたいで嫌だった。作りもしないのにハウツー本だけ読んで知ったような口を叩くやつ、っていう風に自分が思えて、何か俺はまじで脚本術やってんだぞ! と言えるようなものが欲しかった。胸張りたかったんだよな。

まああとキャリアに一本筋が通るとかっこいいし仕事に繋がるかなみたいなこともあったんだけど、母数がそもそも少ないし、子供が小さくて移住関連で身動きの取りにくい今それを仕事にしても厳しくはある。格好良さだけは若干心残りかも。けど、結局それも俺が小説家になったり脚本術の論文を書いて投稿し出したりしたら消える問題だと思うし、まあそこまで行ったらまたどこかで仕事できるかもしれない。

そんなわけで、夢のような仕事を断った。かなり大きな決断だと自分では思っている。こういうキャリアにおける決断系の記事、基本的にリスクをとって夢を追うみたいになりがちだけど、こういう撤退系の記事があってもいいかなとも思う。本当に大切なのは見栄えとか金とかじゃなくて、何が自分にとって本質的な問題なのか見定めることだ。自分一人だったらこんな決断できなかったと思うけど、今回は深夜四時くらいまで妻がこの問題に付き合ってくれて、それで自分のやりたいことをよりクリアにすることができた。kansha。

もともと降って湧いたような夢みたいな話だったし、今度は自分の手で小説や物語を自分の仕事にしたい。胸張って俺は小説やってんだぞと言えるようになろう、こんな夢みたいな仕事断って小説やってんだって言えるようになろう。それはそれでかっこいいな!!

以上!!!

書きたい書きた〜い

おつです。

書きたい書きた〜い

昨日短編小説を書き上げました。

鉄の右腕、首のない犬(subwaypkpk) - カクヨム

ほんで、まあとりあえず5年ぶりに短編小説かけたし、もうしばらくはまた書かなくてもいいかな! とか思ってたんですけど、やっぱ一晩経つと小説の粗が見えてきて、はよ次の小説書きたいな! という感じになってきた。

ただ、題材はないんすよ。さっきのとおなじのでやってもいいんですけど。

なんか、今回のやつは外的問題がちゃんと設定されてなくて、そこが駄目だったなと思うんですよね。なので次はそこをちゃんとやりたい。ただ、俺が「あこの話書けるな」って思うのって、ミッドポイント以降のダウナーなシーンを思いついたときのことが多くて、特定のキャラクターがこのシーンに遭遇したら落ち込むだろうな、と想像できるといいんですよね。内的な変化についてのシーンなので、外的問題がおざなりになりやすい。

こういうとき、内的な変化や価値観の対立について整理して、それを外的な課題に反映させるとかできればいいとおもうんだけど、まあそういう技術もないので、困ってる。

けどまあ、楽しくやってます。イェーイ

俺にとっての英語のメリット

おつです。

概要

なんだこのクソ記事?! みたいなタイトルだけど真面目です。なんか、俺よくよく考えたら英語喋れたらメリットめっちゃある気がするんですけど、英語苦手なので、ちょっと真面目にそこらへん考えます。

英語のメリット

まずはメリットを列挙します。

・知らんおばちゃんと話せる
・将来カナダで職を見つけられる
・カナダで友達できるかも
・道案内とか他人に優しくできる
・こっちで売ってる小説が読める
・映画だって観れる
Twitterもできる
・つーか生活の諸手続きを自分でできる
・クソッ、英語さえできれば…みたいなケースがなくなる
・現地の文化に馴染める
・公園でティーネイジャーにビビらなくてよい
・病院に行ける
スマホの契約をなんか普通のにできる
・保険とかも入れる
・現地のミートアップに参加できる
・なんやこいつ英語もまともに話せへんのか…みたいな視線を受けずに済む
・(英語が話せて)現地就労したらもちろん永住権とかにも繋がる
・現地就労したら同僚ができる
・現地就労したらIT関連とかについて話せる友人ができるかもしれない
・現地就労したら9時5時の健康的な生活
・現地就労したら6時以降と休日は仕事のこと考えなくていい
・現地就労したら自由時間にメリハリ持って小説書いたり映画見たりできる
・現地就労したらお賃金発生する
・現地就労したらカナダに居着いた感出る
・現地就労したらもはやカナダ人では?
・現地就労したらキャリアのことも考えられる
・英語話せたら息子がそこらへんのキッズに話しかけられたときに代わりに話したりもできる
・英語話せたら将来息子が英語で話しかけてきても返せる
・英語話せたら食洗機の取り付けができる
・英語話せたら引っ越しのときに良い家を探せる
・英語話せたらいうてITの情報得やすいし英語の生ドキュメント読んだりできる
・翻訳でOSSコミットできる

引くほどあんな!! こんなにあったのか……。これを明確にイメージしてどれほど自分の人生が豊かになるか考えたいな……。

何故アホほどできんのか

今度は英語やりたくない理由。

・英単語覚えるのが苦痛
・英語話そうとしても話せないし、こいつ英語下手やな〜〜みたいな視線がつらい
・なんやこのインチキアジア人みたいに思われてそう
・めんどくせ……って思われてそう
・なんでこのアジア人はヒゲを剃らんのや? と思われそう
・英文を構築しながら話題を考えるの無理では?
(関係ないけど、俺普段日本語で考えて英語に訳して英語を聞いて日本語に訳して……としてるんだよな、一方妻は英語で話してるときは俺との会話も英語になるしたぶんあの人脳内も英語なんだろな。なるほど腑に落ちた。しかしなんでそんなことできるの???)
・英語、勉強しても身についてる実感がない。
・いうて十年弱勉強してるやん? なんで使えんのや? じゃあもう今後も無理では??? となる
・英単語の終わりなき道感。プログラミングならこれ覚えりゃRESTできるぞ! みたいな報酬が生まれやすい
・そもコミュニケーション苦手。ああいう反射神経系の競技難しくね?
・聞き取れん
・つーか中学生のころから英語だけはできんかった
・大学でもアホほどできんかった
・できた試しがない

分類できそう。

  1. 苦手意識がある
  2. 終わりなき道すぎる
  3. やっても恥かくだけで報酬もない
  4. 聞き取れない

つまり、一回一回の努力に快感が伴わず、どこかで扉が開くという展望も湧かず、最終的に出来るようになる自分も想像できないし、現に英語できない、ってことなんだなあ。

短期・長期的な報酬をちゃんと用意して、自分は英語できないぞ! という発言や思考をやめて、できると思い込むことなのかな。

終わりなき道ってのはIT系の勉強でもそう言えるんだけど、あれは少し勉強するだけで何かは出来るようになる。それに対して英語は完璧以外はカスみたいな感じがある。苦痛だけで報酬がないってのはたとえば小説もそうだったけど、あれはときどき何か気づきがあって、それのために1日2、3時間とか作業できた。あとは基本英語はコミュニケーションツールだから対人能力で、俺は壁打ちが好きで人が怖いから苦手なんだろうな。

あーあと、昔1日200単語ずつ英単語覚えてた頃は楽しかった。ちまちまやって出来た実感がないと、きついんだな。

今後やること

報酬の設計なんだろな〜〜これ。
けど、英語やって何かこう毎回得るものがあるとか、何か気づきがあるとは思えないんだよなあ〜〜語学やれる人は何をそんなにモチベーションとしてやれてんだろ、まじでわからんな。

とりあえず英単語覚えたときだけ食べられるお菓子買って、その他のときはクソまずい青汁とかを飲む生活にして脳を馬鹿すればいいかな? 健康的だし。
それと今後一切英語苦手だ! とかは言わないようにして、下手でも俺は英語ができる、今は勉強中なだけだ! と言うようにしよう。
最後に、英語できたらどれだけ良いかイメージを毎日思い描くとかして、英語っていいな〜〜こんなに最高なもの他になかなかないよな〜〜と思えるようにする。

以上!!

追記: 今後やること

改めて今後やるべきことを考えると、たぶんこんな感じだ。

  1. 英単語を1日120個ずつとかで覚える
  2. ネット英会話を楽しむ。自分は会話が大好きで、英語での表現は勉強中だけどあなたとコミュニケーションしたいんだ! という態度を取る。楽しかった! と伝える。
  3. できれば普段から他人と交流して、自分はコミュニケーションが好きなんだと思い込む。そうすりゃ上手くなる。
  4. なんなら普段から、家庭内の日本語の会話も増やす。会話大好き! となる。
  5. しかし会話ってなんなんだろね。共有すること? なんか、カナダで現地の道すがらの人と妻が喋ってると、喋る役割を任せてしまってるとさえ思う。けど妻はそれを楽しくやってるのかもしれんし、そういう会話することへの基本的なスタンスが妻と俺は違うんだろな。だから妻は喋れるのかなあ。多分妻も楽しく思おうとしてやってきたと思うんだよな。

たぶん根底に自分はコミュ障なんやでみたいな意識があって、だから英語もできなくてしょうがないよね? という言い訳をしてるんだけど、そうではない。俺はコミュニケーション上手くなりたいし、というか人と仲良くなりてえんだ! その気持ちはマジモンのはずなので…。

no title

おつです。今なんかやりたいことやらなきゃならないことが3つ以上あってめっちゃそわそわしてます。なにやんなきゃいけないのかも分かんないので、整理します。

やること

  1. 仕事(なんかよく分からん本業、調査)
  2. 勉強(DB, 機械学習, )
  3. 趣味(書き物、読書)
  4. 生活(引越し、服を買う)

こんな感じか。 本業がそろそろ本格的に始まるぞ〜〜ってなってるんだけど、それに向けてやってた調査がまあいっぱいあって全然終わってなくて、う〜〜んこれじゃ多分本業で実際の開発に入ったところでぶっつけ勝負だな、ひとりシステム開発はやだなってことを思ったり、かといって勉強もしないと基礎おろそかにしたら将来痛い目を見るよなって思ったり、けどこれら基本的に俺がやりたいこととは関係ないから人生の浪費でしかないよなと思ったり、けどまあ息子大きくなるまでは辛抱してシステム開発の勉強と思って仕事やらなきゃなと思ったり、一方で趣味もちゃんとやらなきゃとか生活に追われるとかう〜〜んまあそんなに忙しくはないんだけど自己管理能力が弱めというかあまりに自由だからもうすっかり緩み切ってる面もあってあ〜〜〜〜〜〜。

やんなきゃならないことはたくさんある、けどそれぞれ結構難しかったりできる気しなかったりだから心折れて先延ばしにしちゃってんだよな仕事。あ〜〜〜〜仕事したくねえ、毎日近所をお散歩して暮らしたい、あ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜寝よ!!!!!!!