親です。

子ども産まれたんで育児とかについて書きます。映画とか心理学とかITとかの趣味についても書きます。

【索引】真面目に書いた記事

おつです。真面目に書いた記事をまとめとく。(未来の投稿日時だからトップにくるぞ)

思いました系記事

  1. 16_導入および第一ターニングポイントについて - 親です。
  2. 20_ミュージカル映画2本「アニー」「ピッチパーフェクト」 - 親です。
  3. Mommy - 親です。
  4. コミュニケーションと権力関係について - 親です。
  5. 絶望と責任について - 親です。
  6. 【映画感想】『ROOM』と未評価な地点について - 親です。
  7. クソな夫婦喧嘩を「論点」の概念から考える。 - 親です。
  8. 優しさと責任範囲について - 親です。
  9. ゆらぎ荘の幽奈さん問題ーーセックスとレイプは別物じゃヨ - 親です。
  10. 素直さについての雑記 - 親です。
  11. 幸福学っての、慶應でも流行ってるじゃないすか - 親です。
  12. 小説について最近思うこと - 親です。
  13. 『その後の不自由 「嵐」のあとを生きる人たち』を読んで - 親です。
  14. 嫌なことにも依存はするよな、って話 - 親です。
  15. 馬鹿にされて馬鹿にし返すことについて - 親です。
  16. 親になることと責任について - 親です。
  17. 他者との関係性について、また絶望について。 - 親です。

 

技術系記事

  1. 【Python】スキルマップつくった - 親です。
  2.  【Python】自然言語処理わけわかんねえからまとめる。 - 親です。
  3.  【Python】Djangoわけ分かんねえからまとめる - 親です。
  4. 【HTML,CSS,JS】フロント三種分からんからまとめ - 親です。

  5. 【Python】機械学習のメモとか - 親です。

 

 心理学系記事

  1. 【心理学】データ分析的な記事まとめ - 親です。 

 

その他の記事

  1. 【飯のメモ】ホットクックのオリジナルレシピ集 - 親です。
  2. 【英語】Fucking English Study Notes - 親です。

 

これは随時更新する。なんか真面目なお話のネタは10個以上あって、けどあんま記事にするくらいまとまったら書けばいいかなーなんて思ってたら全然書けねえし鮮度も落ちてきてしまいそうだったので、早々に書いてしまうことにする。だいたい全部一年以上前に思いついたことだが、書かないと忘れそう。

【Python】機械学習のメモとか

おつです。機械学習いつかやるので進め方の参考とかのメモ残しとく。

勉強方法

PyQ
機械学習入門書
cousera
kaggle

【英語】wonderほか

I wonder...

意味: 〜かな?かしら?
【留学・ワーホリ英語講座その19】 「I wonder~」は絶対マスターしたい便利な表現です!! | DK留学サービス
「wonder」に関連した英語例文の一覧 - Weblio英語例文検索
I wonder + wh/if の文型。wh/if の後には肯定文の文型で続く。whatだと「何が〜かな?」 ifだと「○○かな(それとも××かな?)」となる。たぶん。
・例文
I wonder if I should cut my hair...

and then

意味: そしたら
用例: 〜〜をする。そしたら、○○できるようになる。

become able to

意味: できるようになる
用例: 〜〜をする。そしたら、○○できるようになる。

【英語】Fucking English Study Notes

Fucking English Study Noteです。意味が合ってんのかは分からんけど、クソ英語学習帳みたいな意味だよ。覚えたら記事にしてリンクを貼る。あと勉強法をまとめたりもする。

クソ英語覚えたこと記事

FESL: wonder - 親です。

勉強法

スタート位置

俺の英語学習開始時の基本スペックをメモっとくぞ。
年齢: 25
学歴: 四年制国公立の文系、英語には苦手意識あり
TOEIC: 350
目標: ニュージーランドの企業に転職して移住する

speaking

英語耳 - pronunciation

英語耳っつーのは日本の書籍で、英語の発音を矯正するためのやつだ。毎日20分くらい発音の練習をする、ってのを100日間続ける。20日くらい続けた時点でLとRの発音の違いがかなり明確に分かってきたので、これはいい本だと思う。

瞬間英作文

いちいち文型を頭で考えてると喋れないので、基本的な文型を頭に叩き込む。これも毎日音読する系。

listening

youtube

ユーチューブの英語の動画を見るなど。
俺はPython系勉強会みたいな動画を見て、それを書き起こす(もしくは追って発音する)ことにした。

英語耳

先述。

writing

Twitter

Twitterの英語アカウントを作って、毎日20ツイートくらいするのを目標にしている。
MIGI KATA GERO MAMIRE (@subwaypkpk_en) | Twitter

reading

特になし

リスニング出来たらできるんじゃない??? って甘く見てる。そのうち海外の技術書でも読むとか、Djangoのドキュメントを原文で読むとかしたい。

は〜〜できんのかな? けどやるっきゃない!
以上!!!

【Python】Djangoのまとめ - views.pyについて

おつです。views.pyについてまとめやる。

views.pyとは何か?

まず初歩的な話なんだが、DjangoでWebを触る以上クライアント-サーバシステムってやつは避けて通れない。これは全然難しい話ではなくて、世の中のコンピュータには二種類あって「××くれー」と要求する側(クライアント)と「××あげるわー」と供給する側(サーバ)があるって話だ。
私たちは普段、あーTwitter見てえなとか思ってTwitterを検索するが、このときインターネットを通じてサーバにTwitterくれーと要求をしている。こういうふうに、普段私たちがWebを通じて色々できてんのは、このクライアント - サーバシステムのおかげだ。
そして今、DjangoWebサービスを構築しようとするとき、Pythonはサーバ側で動く言語であり、みんなの「××くれー」に対して「××あげるわー」する言語だ。そういう機能をプログラミングしてやらなければならない。それがviews.pyだ。

どう実装するのか?

ではどうやってこの「××くれー」「××あげるわー」を実装するのか(ちなみに正式名称として、「××くれー」のことをリクエスト、「××あげるわー」をレスポンスと呼ぶ)。
大きな流れとしては、
①URLへのアクセス(リクエストが出される)
②URLconfによって適切なview関数が呼び出される
③view関数が動く
④クライアントにWebページが表示される(レスポンスが返る)
という感じだ。
このうちviews.pyで実装するのは③の部分だ。たとえばHello Worldを表示させる関数を書くと、

def HelloWorldView(request):
    return HttpResponse(request, '<h1>Hello World!!</h1>')

これで

Hello World!!

と表示される。(たしかね)

もうすこし具体的な実装

以上でハローワールドできたわけだが、もう少し実際の使用例 ーー たとえば、Web上からDBをいじるというケースを考えてみよう。DBにはCRUDという概念があり、これはつまりDBは下記4つの機能を備えてますよ、みたいなもんだ。
C...CREATE(作成)
R...READ(読込)
U...UPDATE(更新)
D...DELETE(削除)
これをWebサービスで考えると「データの作成・追加、データの表示、データの編集、データの削除」となる。
では、それぞれについて具体的にコードを示す。

データの作成・追加

def add(request):

# リクエストの内容がPOST(データの送信)だった場合、フォームを通じてデータを取得し、データが変じゃなかったら、保存する
    if request.method == "POST":
        form = AddForm(request.POST)
        if form.is_valid:
            form.save()
    else:

# POSTでなければ空のフォームを用意する
        form = AddForm()

# 用意したフォームをHTMLにレンダリングしてレスポンスを返す
    context = {"form": form}
    return TemplateResponse(request, 'appname/add.html', context)

いきなり「リクエストの内容がPOST(データの送信)」というのが出てきたが、例えば会員登録するときとかに住所を記載して送信ボタンを押す、みたいなのがこの例に当たる。データを送信しつつレスポンスを待っている状態だ。 また、レンダリングとは、view関数内で作成した情報をHTMLに埋め込むことを言う。

データの表示

def index(request):

# DBからオブジェクトを取得
    todolist = ToDoList.objects.order_by("created_at")
    category = Category.objects.all()
    context = {"todolist": todolist,
               "category": category}

# レンダリングして表示
    return TemplateResponse(request, 'appname/index.html', context)

データの編集

def edit(request, todo_id):

# DBからオブジェクトのIDを頼りにオブジェクトを取得
    try:
        todo = ToDoList.objects.get(id=todo_id)
    except ToDoList.DoesNotExist:
        raise Http404

# リクエストがPOSTなら、上記で得たオブジェクトとPOSTの内容(編集内容)を元に、フォームを通じてオブジェクトを更新
    if request.method == 'POST':
        form = AddForm(request.POST, instance=todo)
        if form.is_valid():
            form.save()
            return HttpResponseRedirect(reverse('appname:edit',
                                                args=(todo.id,)))
    else:
        form = AddForm(instance=todo)

        return TemplateResponse(request, "appname/edit.html", {"form": form, "todo": todo})

データの削除

def delete(request, todo_id):

# DBからオブジェクトのIDを頼りにオブジェクトを取得
    try:
        todolist = ToDoList.objects.get(id=todo_id)
    except ToDoList.DoesNotExist:
        raise Http404

# 削除
    todolist.delete()
    return HttpResponseRedirect(reverse('appname:index'))

ざっとこんなもんだ。CRUDを押さえておけば、大体の処理の基本は分かるもんだと思ってる。

その他の細々した点

大雑把な流れは以上だ。以下は細々とした躓きポイントや、俺がコーディングする中で気がついた点を記載する。

TemplateResponse と render関数について

Djangoの公式チュートリアルではrender関数を使っている。 が、テストの都合とかでTemplateResponseの方がいいらしい。

以上!!

【WordPress】WordPressよう分からんからまとめ

WordPressの勉強をする。

概要

WordPressが使えるようになっときたいので勉強する。 使うテキストは下記。 https://www.amazon.co.jp/本格ビジネスサイトを作りながら学ぶ-WordPressの教科書-プライム・ストラテジー株式会社/dp/479736758X

学んだこと

章ごとに書いてく。

第1章

  • WordPressではphpファイルとしてhtmlやらcssをいじるっぽい。 html, cssの書き方自体はほとんど素のそれと同じなのでphpがっつり覚える必要はなし。 といってもphpによる効率化のメリットを受けたいなら基本文法を勉強した方がいいかも
  • その他phpでできることとしては、テンプレートを分割。
  • あと管理ページをカスタムして便利な機能を追加したり。

第二章

  • 基本的にやってるのはWP側で設定した設定をphpに読み込ませてHTMLにレンダリングしてる。

Pythonの現場にねじ込まれたい

Pythonの現場にねじ込まれたい。なぜかというと一年半後までにPythonでそこそこいい感じのモノを作れるようになって技術一本で海外転職をキメたいから。その中心スキルとしてPythonを置きたい。
んじゃどうやってスキル磨くかって話だけどんなもんPython使ってる現場にオレ自身をねじ込むことだ。自分より技術的に何倍も優れた人たちの中で、マッチョイズムをバリバリにして日経読みながら頑張ることだ。
オレの復職は半年後。そこまでに今の会社か別の会社に対して「あこいつPythonで雇いたい」と思わせるレベルに持っていく。

雇われ力を上げる



てわけ。
デザイン素人の僕が、Webサービスを最低限のデザインにするためにやったこと - 銀行員からのRailsエンジニア
こんくらいのモノを作りたい。

プロダクト

以上!