今から父になるから俺の悩みを聞いてくれ。

子ども産まれるんで育児とか生き方について書きます。映画とか心理学とかITとかの趣味についても書きます。

好きなExcelショートカット ベスト5とかいうクソ記事だよ

どうもmaximonelson49です。

 

Excelショートカット

なんか最近あ〜〜入社してからの2年半で俺は何を学んだのかな〜〜と思うことがあるんだが一番の学びはExcelのショートカットでした。ので、好きなExcelショートカットをまとめる。ちなみに俺はExcel2003をずっと使っていたけど、それ以降のバージョンのやつは基本的に2003のショートカットも使えるはず。

 

第5位 セルのジャンプ [Ctrl]+矢印

セルを一気に移動するやつ。 地味だが使用頻度は高い。つーかいちいち矢印キーぽちぽちしたりクスロールバー掴むためにマウス使ってらんねえ。

あとこれ使ってると、各列にきちんと意味付けをしたExcel文書を作成するようになる。整理されたExcelを作るクセがつくので、そういう意味でもおすすめ。

 

第4位 フィルタの全解除 [Alt]⇨d⇨f⇨s

 ⇨は順番に押すって意味です。Excelの表いじくってるときにどの列にフィルタかかってるかいちいち探すの面倒なので、有用。マクロ発動させるとか任意のデータ取り出すとかあらゆる場面であらかじめフィルタかけられてるのはミスの元なので、Excelファイル開いた瞬間にフィルタ外して色々作業してます。

 

第3位 画面遷移 [alt]+[tab]

 これ会社入ってから知ったんですが、これ使わずに仕事できねえ。いちいちマウス使ってブラウザクリックしてメール確認、とかしてらんない。

第2位 いちばん左上のセルに移動 [ctrl]+[fn]+←(左矢印)

いちばん左上のセルに移動。ウィンドウ枠の固定してる場合は固定位置まで移動。

クソ地味なんだが、マナーとして『共用ファイルとかお客さんに渡すExcelファイルは左上にセル位置合わせとく』ってのがExcel界隈にはある。保存の度に頑張って左上までいくよか、このショートカット使う方がいい。

第1位 列の選択 [Ctrl]+[space]

 列の選択です。これ覚えとくと任意の列をコピーして挿入  [Ctrl]+[space]⇨[Ctrl]+c⇨リスト表示⇨eみたいな感じにコンボが使える(リスト表示ってのは右クリックで出てくるアレを出すキー。矢印キーの近くにある文書マークみたいなやつ)。同様に行の選択[shift]+spaceとかも展開性が高い。なお行の選択は半角入力モードでないと使えないから注意。

 

選外

 選外だがよく使うショートカット。
・保存 [Ctrl]+s
・コピー [Ctrl]+c
・切り取り [Ctrl]+v
・削除 リスト表示⇨d
・書式 [Ctrl]+1
・書式貼り付け リスト表示⇨s⇨↓⇨↓⇨↓⇨[Enter]
・ウィンドウ枠の固定 [alt]⇨w⇨f(Excelのバージョンによってはもう一個f必要)
・シート遷移 [ctrl]+[fn]+↑or↓
・デスクトップ表示 [ctrl]+d
・画面ロック [ctrl]+L

 

Excelのショートカットなんて記事書くと思わなかったわ。都市伝説的に、マウスひっくり返して作業すればショートカット使うようになる、ってあるけどそれよか始業前に知らないショートカット選んで付箋に書いて貼って、今日1日それ使うって決めてやると、まあ使えるようになりますよ。以上。

学習心理学の講義受けたんですよ

どうもmaximonelson49です。こないだ大学で学習心理学について講義を受けてきたので、その感想。

 

学習心理学の立ち位置

学習心理学っつーのは、犬のよだれを集めたパブロフから始まり行動主義のワトソン、ソーンダイク、スキナーなどの研究者たちがやってた心理学の1ジャンル。現代の認知心理学が流行りだすまでは心理学=行動主義心理学だったこともあり、学習心理学もかなり重要な分野といえる。現代のカウンセリングでも、精神分析学やクライエント中心療法と並び主要3派のひとつに数えられている。

ただ当初の俺の印象としてはベル鳴らして犬のよだれ集めてな〜〜にが楽しいんだ、って感じで、講義受けるまではあんまり興味がなかった。のだが、今回のでけっこう印象が変わった。心理学って当初はフロイト先生の直感だけでイド!とか超自我!とかやってて、全然科学っぽくなかった。たしかにそう言われるとそんな感じもする〜〜とは思えるんだが、解釈じゃん、とも思ってた。ただそんな心理学の中で、学習心理学は生理学的なところから端を発しており、エビデンスもちゃんとあって、心理学を科学らしい分野にしてくれた。そこが今までの『口だけ』感から抜け出せるように思えてかなり面白かった。

以下では学習心理学の講義で学んだことを軽くまとめる。

 

学習心理学の三本柱

学習心理学ってどんな心理学なのって話だが、まあ文字通り学習の心理学だ。学習というのは『経験により生じる比較的永続的な振る舞いの変化』のことをいい、どのようにして我々は学習を行うのか? について、扱ったものとなる。

んで、そんな学習心理学の三本柱がこちら。

  1. 古典的条件づけ
  2. オペラント条件づけ
  3. 観察学習

それぞれ解説する。

 古典的条件づけ

 これはロシアの生理学者?パブロフが始めたやつで、ベルを鳴らすと犬が唾液を出すように条件づけた『パブロフの犬』の実験が有名。無条件刺激と条件刺激を対提示し、条件刺激と無条件反応を紐付かせて条件反応とする。それぞれの単語の意味としては、

無条件刺激:生理的な反応など、誰でも無条件に反応を示してしまうような刺激。酸っぱいもの見せて唾が出るとか、でけえ音聞かせてビビるとか、そんなに大きくない音でそちらを振り向かせるとかがある。

無条件反応:無条件刺激によって引き起こされる反応。

条件刺激:古典的条件付けによって条件付けられる刺激。条件付けの際、無条件刺激と一緒に与えられる(対提示される)刺激。

条件反応:古典的条件付けによって条件づけられた反応。条件刺激によって引き起こされる反応。

パブロフの犬』で具体的に説明すると、餌をあげるときにベルを鳴らし、ベルがなれば餌が貰えると思わせる。するとベルと唾液が紐付いて、ベルが鳴るだけで唾液の分泌がおきる、ってかんじ。これは餌(無条件刺激)を与えると唾液が出る(無条件反応)という関係があり、そのとき餌(無条件刺激)と同時にベルを鳴らし(条件刺激)て対提示することにより、ベルが鳴る(条件刺激)だけで唾液が出る(条件反応)と思わせるってことだ。

 まあこれが基本なんだが、こういう条件付けについて講義ではさらに詳しくやった。以下に単語だけまとめるが、

●条件付けの効率性や発生の有無に関するもの:

集中学習と分割学習
無条件刺激と条件刺激の時間的関係
隠蔽と阻止
レスコーラ・ワグナーモデル
集中学習と分散学習

●条件付けを消す・消えることについて:

消去
馴化・慣れ
自発的回復
拮抗条件づけ
外制止・脱制止

●複雑なかんじで条件付けるには:

分別条件付け
高度条件付け
感性的予備条件付け

●カウンセリング関連

系統的脱感作法
フラッティングとエクスポージャー

 とかまあ色々あった。他にもあった気がする。

 

 オペラント条件づけ

こいつはラットがボタンを押して餌を得る実験(スキナー箱)とか、猫が箱から出るために色々と頑張る実験(問題箱)とかがある。オペラント条件づけは3つの要素からなり、

先行条件(分別刺激):どんな状況で、

行動(オペラント行動):何をしたら、

結果(強化子):どうなった

というのを表す。また、この3つが揃ってることを三項随伴性という。

 古典的条件付けと違うのは、これは反射とかを扱うものというよりか、自発的な行動について扱う、という点。パブロフの犬っぽく説明すると、例えば吠えると餌が貰える、みたいなのはオペラント条件付けだ。自発的な行動(吠え)によって餌(結果、強化子)がもらえたことによって、犬は吠えと餌を結びつかせた。

 これもまあ色々単語出てきた。

強化スケジュール(固定間隔、変動間隔、固定比率、変動比率)
タイムアウト
シェーピングと連鎖
トークンエコノミー
一次強化子と二次強化子、トークン強化子

 

観察学習

ここまでは当人の経験に基づいて行動に変化が起きるような学習をみてきた。が、世の中それだけではなく、他人の行動を見て学習するってのもある。それを観察学習という。よく似てるものに模倣学習ってのもあるからそれも示す。

模倣学習:人のやってんのを見て真似したらいいことあった、で学習。

観察学習:人のやってんのを見てその人がいいこと起きてたから、で学習。

 

 まあこんなもん。子どもの手洗いを連鎖化法で学習させるビデオを見たんだが、いい行動とると犬みたいに即座にグミ与えられてて笑った。

データベースのマジで初歩(概要とか)まとめ

どうもMaximonelson49です。

SEといいつつデータベースのこと全然わかんねえから勉強する。んで、FileMakerという非IT部門の人向けのDB開発ツールがあったので、今回は『FileMakerMasterBook 初級編』に沿って、データベース作成の初歩の初歩についてちょっとまとめる。

 

データベースとは何か。なんで使うのか

まあ最初にデータベースが何なのかってのと、なんで使わなかんのかってところ。『FileMakerMasterBook 初級編』p8より引用する。

データベースとは、情報を効率的に利用する1つの方法です。 

私たちの日常生活には身の回りに大小さまざまな形のデータベースが存在しています。例えば、GoogleなどのWebサイト、スマートフォンのアプリ、[…]個人の住所録もそうです。これらがたくさんの人に毎日使われています。情報を活用するにはデータベースは欠かせないものです。

まあ、これわからんよな。どのように情報が効率的に利用されているのか? 追加で調べてみると、

データベースとは、その名の通り、なにかしらの情報(データ)を蓄積した集合体です。ただし、ただ無作為に蓄積すれば良いというものではありません。あとから検索/分析することを目的に、ある一定のルールに基づいて蓄積した情報のことをデータベース(DB:DataBase)と言います。

新入社員必読、データベースの基本を理解しよう - データベースはなぜ必要なの?:ITpro

ふーむ。これは少しわかる。データベースは情報の詰まったもので、検索したり分析したりするために使う。つまり、 『FileMakerMasterBook 初級編』で書かれていた

例えば、GoogleなどのWebサイト、スマートフォンのアプリ、[…]個人の住所録

もデータベースの恩恵を受けている。例えばGoogleなら、たくさんのWebサイトがデータベースに登録されており、ググってみるとそこから情報が検索され、最適化されて表示される、というようなものか。本来のWebサイトってのは、このページみたいに、ブログタイトルや記事のタイトルや本文、過去記事、投稿時間などなどがベターっとページ上に表示されているわけである。しかしGoogle先生はそこから検索文字にヒットしたタイトル部分や本文のところだけをヘッダーみたいにして表示してくれる。

たぶん、こういうふうに、いいかんじに切り出して表示する、みたいなことをプログラムで実現するのにデータベースは都合がよい。

また、歴史的経緯とか、データベース以前の世界がどうなっていたか、みたいなのは(わかりづらいけど)下記のページなどが見つかった。気になる人はちょっと読んでみるといいかも。

データベースの歴史(概要)<データベースの歴史<歴史<木暮仁

 

データベースの基本用語 

なんとなくデータベースの概要と意図がつかめたので、次は基本用語。『FileMakerMasterBook 初級編』によると、

・項目が集まったデータは「レコード」と呼ばれます

・項目は「フィールド」と呼ばれます

・レコードが集まったデータは「テーブル」と呼ばれます 

はいはい、わかりました。Excelを思い浮かべればこれは簡単だ。セルのひとつひとつは「フィールド」で、それが集まった列が「レコード」、んで列がいくつも集まって表になれば「テーブル」となる。

これちがくて、フィールドは列、レコードが行、テーブルが表だった。わかりづれえ。

 この後、テキストでは要件定義について少しページが割かれていた。要件定義っていうのは、データベースやシステムを作る際、事前に考えたり決めておかなきゃならないものについて考えるフェーズだ。例えば、どんなデータを扱うのか、何のために作るのか、どんな機能を実装したいのか、など。あと今回使ってるFileMakerってのはデータベースのアプリというかカスタムAppであり、アプリケーションを用意に作れますよってやつで、まあそのためにアプリの画面レイアウトなどの話も載っていた。

 

 今回はとりま以上。『FileMakerMasterBook 初級編』の第一章をまとめた形になった。あ、いちおう使ったテキストのアマゾンリンク貼っとく。なんか知らんがアマゾンでは扱いないな? バージョンが古いからかも。

 

ハイハイ以上!!! 

素直さについての雑記

どうもmaximonelson49です。今回は普通の、なんか日記みたいなもん。

 

職場でうまくいかねえ

 実はなんか心の整理つかなくて妻にもまだ話してないんだが、職場の人と喧嘩した。すっげー簡単に言うと、頼まれた仕事に対して、できないです、って言ったらすげー怒られた。それから冷戦。この春くらいから、職場で全然うまくいってない気がする。(育休に対する反感ではないと思う。ハンカンって打って反感より反韓が先にくるiPhoneやべえな)

相手の怒ってる理由・主訴はたぶん、お前その年次でそんなことしか分かんねえのかよ、ってことだと思う。何年目でどの程度の仕事ができているべきなのか?  って目安があるわけではないんだが、ただ今やってる仕事を単独で色々やろうとすると、知識は全然足りてない。

だからまあ、相手の怒りには、そういう面で、妥当性がある。おめーが仕事できねーせいでこっちが迷惑被ってんだよ、と言われたらぐうの音も出ない。

けど今の今までこちらから相手には謝ってないし、会話もしてない。挨拶はしてる。あと1日12回くらい心の中で相手が悪い理由を繰り返してる。

で、

こういうとき、自分の気持ちを素直に語れ、と言われると、正直うまく語れない。本来なら自分の気持ちを正確に把握して、どうしたいのか決めて、それに従って謝るなり無視を決め込むなりすればいいんだが、どうするのが自分にとってトータルで良いのか、全然分からない。気持ちがついてこない。自己防衛で認知が歪んで、相手が悪いと思いたくなる。相手が悪いって思ってるうちは、短期的にはすごく楽だ。だって相手が悪いことにしてればこちらは何もしなくていいんだから。けど、それが本当に健康的かと言われると俺はそうも思わない。

これは倫理ではなく健康の問題だ。精神的な健康の問題として、ふたつ問題がある。

ひとつは事態が長期戦になったときジリ貧になるってこと。これはまあ伝わると思う。今気まずい気持ちを押し殺して謝っとけば、あとは楽になれるかもしれない。もうひとつは感情の承認と対称性の問題として。これはちょっと分かりずらいと思うんだが、こういう精神的にきついとき、まあカウンセリングとかでは「あなたの感じたことは正当ですよ」とケアされることが多い(と思う。受けたことないから分からん。あと流派にもよると思う)。で、このとき、正当性をケアされる感情は、その当人の感じているものすべてである方がいいよなって俺は思う。

たとえば、子どもが友だちと喧嘩したときのことを考える。子どもはたぶん相手がどんだけ悪かったか、みたいなのを言うと思う。で、それに対してそうだね、と同意したとして、これで全てだとはあんまり思わない。このとき子どもは同時に自分も何か悪いことをしたかもしれないと思っているかもしれないし、謝りたいという気持ちもあるかもしれない。できればこういうときは、子どもの感情のすべてに対して、そう感じたことは正当だと言ってやりたいし、相手に対して怒っている子どもの気持ちも、相手に対して申し訳なくて悲しい気持ちも、どちらも掬い上げられるのがベストだと思う。

んで、そういうのが今の自分にもある。相手に対してぐうの音も出ないですすみませんと謝りたい気持ちもあれば、クソがぶっ殺すぞと思う気持ちもある。けどそれがどの程度で、どう行動に反映させればよいのか分からない。

 

こういうような意味で、自分の素直な気持ちを認知する、ということは何より自分にとって健康的だと思っている。けども、できねえな。

 

今回はおしまい。昨日の子ども科学電話相談室?で、コアラの赤ちゃんは世の中に出てきて最初に母親のケツの穴に頭突っ込んでうんち食べると聞いて、妻とクッソ笑った。アヒルの刷り込み行動みたいに、初めて見る動く対象のケツの穴に頭突っ込む、ってことだったらすごく嫌だな。コアラの赤ちゃんも不幸になる。

 

以上!

仕事の愚痴

あっすmaximonelson49です。日記です。(育児休暇とキャリアの話、ってタイトルで投げてたけど、単なる愚痴なのでタイトル変えました。)

 

仕事の愚痴

 育休とりますよ、と言った途端「キャリアどうすんの?」と周囲からめっちゃ突っ込まれるなどして、ちまちまと長らく悩んでる。育休取らなかったからといってキャリア悩まなくていいわけじゃないんだけど、そんなわけでまあ、今後のキャリアについて、考えをまとめ、もやもやとした感じをすっきりさせておきたい。今回は割と整理して考える。

(17.08.02現在では、愚痴のみ。)

目次

  1. 過去のキャリア系文章
  2. どう考えるべきか?
  3. 2で上がったこと考える

 

1.過去のキャリア系文章

今までに書いたキャリアにまつわる文章へのリンクを貼っとく。

16.08.07

最近思うこと・今後やっていきたいこと - 今から父になるから俺の悩みを聞いてくれ。

16.12.29

私の志望動機(7000字以内) - 今から父になるから俺の悩みを聞いてくれ。

17.05.04

2017年の個人目標 - 今から父になるから俺の悩みを聞いてくれ。

17.06.14

170613_育休とるよ日記 - 今から父になるから俺の悩みを聞いてくれ。

17.06.24

社内の女性活躍会議、みたいなのに関われそう。(男だけど) - 今から父になるから俺の悩みを聞いてくれ。

17.07.05

なんで育休とんのかっつー話よ - 今から父になるから俺の悩みを聞いてくれ。

2.どう考えるべきか?

 まずどう考えればいいか考える。なんか本当にもうすげーもやもやしてるので、何を書くべきなのかも不明。ので、列挙する。

・育休とってる間の技術研鑽

・育休あけて時短で働くけどなんか不安だ

・育休云々関係なしに、何がやりたい?

・そのために何すればいいのか

 ・現場で身につける能力ってなんなんだろ

・育休時短とってるとそら家庭優先ってなるよななどの愚痴

 まあ流れとしては、

①ゼロベースでやりたいこと整理して

②そのためにやんなきゃなことあげて

③現場で得られるもの(つまり俺は現場にいられないから、どれほど自分で補完する必要があるのか? それとも案外現場でやることなんて無いから別の経験したほうがいいのか)について考えて

④育休中、時短中は③を元にプラスα身につけること or 遅れ取り戻すこと整理して

⑤こういうこと考えてると家のこと忘れがちだから忘れないようにして

⑥最後は愚痴!

 ってなかんじでいくか。オッスオッス。

①ゼロベースでやりたいこと整理して

 

②そのためにやんなきゃなことあげて

 

③現場で得られるもの(つまり俺は現場にいられないから、どれほど自分で補完する必要があるのか? それとも案外現場でやることなんて無いから別の経験したほうがいいのか)について考えて

 

④育休中、時短中は③を元にプラスα身につけること or 遅れ取り戻すこと整理して

 

⑤こういうこと考えてると家のこと忘れがちだから忘れないようにして

 忘れがちってのは、自分の成長見てると家族のことは分かんなくなるってこと。マミーの記事でも書いたけど、家族のことってのは分け与えることで、自分の成長は貰うこと。今は人生100年で一生圧倒的成長!できるし、これ幸いと人生を行き来しよう。

⑥最後は愚痴!

突っ込まれたと最初に書いたが、そこらへん整理。 最近色々と上司からお叱りを受ける。元々大学通うために半年に一度まとめてがっつり休む機会を入れたりしてる。その上妻の妊娠であんまり遅くまで仕事してられないし、朝も早く行かない。周囲からしたら、忙しい中ひとりだけ優雅にやってくれてんじゃねーのって感じなんだろう。そのハレーションは周囲が回収するわけなんだし。かつ女性の働き方会議とかも勝手に参加して、お前本業なんだと思ってるんだよ、と。参加する前に一声かけろや、と。

なんつーか、まあ、客観的な視点に立ったとき、俺は外見もふざけてるし、大学に通うためにまとめて休むし、周りに比べて就業時間も少ない。担当できる業務範囲が広いわけでもない。お前雇うことのメリットってなんなの? ってかんじなのは分かる。自分自身、あー最近全然貢献できてないなとか、そういうことを思う。いっぱい仕事貰ったら捌き切れないかも、と思ってセーブしたりもする。

別に俺も仕事したくないわけじゃないし、周囲に対してポジティブに貢献できればいいなとは思う。けど現状できなくて、そんなの俺も困ってる。

育休取ろうと思った当初、育休をキャリアにしたいと思った。育休とることは単なるお休みで、力抜いてる、とかって思われたくはなかった。けど、実際俺はこうして力を抜いた働き方をしているし、周囲からも手を抜いていると思われている。なんつーかなーと思う。攻めの育休! なんつーのは幻想なのか、いや単に俺がそれをできなかっただけなのか。なんだか、沈むなーって思った。誰にもこういう悩みは共有できないし。

 こういうとき欲しくなってくんのが、いわゆる受容的態度ってやつだ。落ち込んでる自分を含め、死ぬほど面倒くさいだろうなと思うこの自分も含めて許して欲しい。気持ちを整理して欲しいとか解決策を提示して欲しいとかではなく、許してほしくて、その上でできたらひとりにしてほしい。他人から「こうではないお前に価値はない」と言われ続けると、本当に、どんな自分であっても、こういう面倒くさい自分であってもいいよ、許してあげるよ、と言われたくなる。

まあこういうのはいわゆるアダルトチルドレン的な人(と一概には言い切れないだろうが)には馴染み深いことだと思う。「こうではないお前に価値はない」と言われ続けたとき、いちばん言われたいのは「どんなあなたでもいいよ」という言葉だ。けどそんなの価値がない自分には言葉で明示的に求めることなんてできなくて、いわゆる「試し行動」的なものにつながるのかなと思う。今はとにかく許されたい。ぐちゃぐちゃになって誰かに怒り散らしてしまいたい。みたいなことが、ああ本当にできたら楽だろうなと思う。

 

こっから、ちょっとメンタル持ち直した時に書いてるんだが、まあこういう精神状態に先週あったのだ。上司から色々と言われたり(周りの視線考えろ、ハレーション考えろ、報連相できてない)、元々GWくらいから気持ちが落ち込みがちだったこともあるんだと思う。最近は思うように自分のキャリアについて取り組むことができずにいて、例えば毎朝2時間やってた勉強も今はできていない。仕事もそんなに身が入っているわけじゃないし、自分がただ無為に日々を過ごしているんじゃないか? もっと頑張れるはずじゃないか? お前何もないじゃん、みたいな、そんな気持ちになる。

育休とか子ども産むこととか、あんまり深く考えてなかったけど、誰かの責任を取るのってすげー大変だ。

とりあえず、今度カウンセリングを予約した。

 

 

全然関係ないけど昨日『モアナと伝説の海』見ました。面白かったし音楽がよかった。

以上!

 

(以下、17.08.04追記)

読み返してて思うのは、こういうのってほとんどの女性が感じることなんだろうな、と。もっと言えば妻は妊娠初期からつわりに始まり様々な体調不良に悩まされてきていて、俺よかよっぽど長い期間悩み続けてきたと思う。俺はやっとこの2ヶ月とかで子どもを持つことの”実感”を得て、やっとこさ悩むようになった。苦しんではじめて一人前とは言わないが、なんだろう、取り組んでるから悩むわけだし、自分の土俵の問題になったんだな、とも思う。外から論を捏ねてるだけではなくて、子育ても、仕事も、自分の問題にしていたい。
ちょっと意味わかんねーけどそんな感じのこと思った。

子どもがすげーエグいこと言ったときどう注意すればいいの? ってやつ

どうもmaximonelson49です。週末妻と喋ってて、あーと思ったことがあったのでメモ。(電車で書いてるけど隣の人すげえ臭い)

 

子どもがすげーエグいことを言う

週末、モスで仕事の目標を今更ウンウン唸って作成してたら、大略下記のようなラインが妻から来た。(この「大略下記のような」って表現、『法哲学入門』の長尾龍一さんが使ってて大好き)

子どもがエグいこと(妊婦に向かって「死んでも次がいるよ、若いから」など)を言って怒られて来たとき、どう注意すればよいのか。

「私はあなたの味方だが、あなたの考えは間違っているよ、敵の言うことが正しいよ」とどのように伝えればいいのか?

おおん難しいよおとこれ来たときは思った。子どもが誰かに明らかまずいこと言って、めちゃくちゃ怒られて来たときどうするか。慰めてあげたいけど言ってることはものすごく間違ってるし、かと言って傷ついた状況で間違いを指摘するのもエグいなと思う。

(間違いはガツンと言ってやるべきって意見もあんまり教育に興味のない人たちだとあるかもだけど、それは違う。誰も自分を理解してくれない、してくれない奴らは皆アホなので俺は間違ってないなど、硬直した姿勢となり間違いが正されないことは往々にしてあるだろ。)

で、ざっと考えて下記のように返信。

そーねー

なんか様々な論点があるので整理しつつ話さんと難しいかなと思うんだが、

①学校とかで友達10人くらいから反対されてきた場合
とかは、善悪の問題もあれど本人と周囲のコミュニケーションの問題(孤立して苦しいとか)もあるので、善悪の問題だけに論点を焦点化させると子どもの気持ちを取り逃がすことになるかなあとは。孤立した苦しみとかその他のいろんなことを思ってるはずなのでそれ含めて話した方が良さそうだよねえ

②単なる疑問なのか、すげー根拠あって何か言いたいのか?
前者はまあ適当に説明してあげれば、これくらいの思考ができる歳なら納得しそうな気もする。
後者は普通に理由を聞くけど、世間の答えに納得してもらうのは難しいかもね。そもそも何故納得してもらわねばならぬのか?
妻ならどうするの?

③全か無か的な思考
意見1つ違えば敵となるというのは(①みたいな背景がない限りは)割と全か無かの思考っぽいから、普段の接し方を自省した方がいいかも?

 


まあ、敵だと認識する理由が意見の相違自体(ゆえに相手の意見に賛成することが、敵対行為に直結する)のか、それとも敵だと認識する理由が意見の相違以外なのか(一方的に相手が殴ってきてそれ自体に切れてるのか)は、場合分けして考えて良さそうかな??????

 

このあとさらっと話題は流れた。

この返信に関しては妻もワシも「そーねー」といった感じで、まあベターかもしれないけどベストじゃないというか、既存の概念でどうにかこうにか対応したって感じ。「感情の切り分け」的なものは自分の中でものを考える際にまあよく使うけど、子どもへの対応だと、まだまだだなあというかんじ。

 

 まあそんな感じで分かんねえわ!以上!

 

 

なぜなぜ期の記事読んだ

どもmaximonelson49です。

 

なぜなぜ期の記事読んだ

ついに「なぜなぜ期」がやってきた!「なんで?」に答える3つの方法とは 【うちのこざんまい 第3話】|ウーマンエキサイト(1/3)

 

面白かったのは「なんで?」と子どもが描くときの子どもの気持ちについて。単にわかんないときもあれば、実は自分の答えがあるときもあるってのが、なるほどと思った。

「なんで?」と聞かれたとき、それに答えるのが親のすべきことじゃあないんだな〜〜と。答えたり、一緒に調べたり、逆に子どもの予想を聞いてあげたり。最後の聞くというのはわりと盲点で、けどこれができないとコミュニケーションとして一方向になっちゃってるし、子どもから教えてもらうことがあってもいいと思う。

 

(以下、家族関係を基にしたコミュニケーションスタイルと、個人主義的なコミュニケーションスタイルについてのわけわからん文章)

子どもに対してミエ張っちゃったり、親として!と意気込んでしまうこともたぶん子育てする中ではあると思う。ただ、親が教え、子が聞くみたいな固定的な関係では権力的なコミュニケーションしかとれないし、かつ子どもは親子関係を基に人間関係を形成する。何が言いたいかっていうと、親子関係とかいうクッソ特殊な例を基にその後の人間関係・コミュニケーションスタイルを構築すると考えるとき、古典的・権力的な親子関係はどうなんだろうね? と思うってこと。産んだ以上親は子どもの責任をとるもんだとは思うが、庇護下に置いたとしても支配していいわけではないし、そんな特殊なコミュニケーションスタイルを人間関係の土台にすんのはベン図書けない人かな? みたいな感じで頭が悪い。(権力的なコミュニケーションスタイルと対等なコミュニケーションスタイルなら後者の方が基礎というか、後者が前者を包含するかな? と思うので学ぶ順序としては後者⇨前者ってのが望ましいと思う。)

全然話題逸れるけど、親子や家族関係では、そのコミュニティでの全体最適を目指すために「お互い様」的な、お互いに責任を負わせたり負ってもらったりということが、ままある。つーか、親が子どもの責任を負う、というのが家族関係の根幹には存在していて(してるよな?)、その延長だと、兄が弟の世話をするとか、他人のために動く、みたいなのをナチュラルにする。で、これってどういうことかっつーと、言い方は悪いが他人の責任をとることとか他人に迷惑かけることこそがその関係性の良さを証明するわけだ。自由と責任の話で説明すると、責任を負いあう関係性では、相手の自由をある程度侵害しても許されるべきであり、となると相手を傷つけることが一種その関係性の強さを証明することになる。

で、そーいうところから出てきてんのが誰かを傷つけて(けなす、ばかにする)笑うスタイルなんだろうなと思う。他人を傷つけて笑いを取ろうとする人は、まだ家族的なコミュニケーションスタイルを獲得しておらず、個人として生きることを知らない。これは学びの問題なので、知らない人は延々そうするだろうなと思う。

んでまあ、もちろん家族の外に出たら責任と自由を共有するって手法は全然役に立たないし、イライラさせられることこの上ないので、まあ個人主義的なコミュニケーションを土台にしつつ、今後継続的な関係性を持つと契約した相手とは全体最適的な戦略を、個人主義的なコミュニケーションを用いて築いていくのが安定かなと思う。

まあそんなことを思った。備忘。

 

以上!